子育て心理学

こどもが塩をぶちまけた!

こんにちは!
なかしまたかこです。

昨日の夕飯時、
ごはんに塩をかけて食べたいという息子(5歳)。

なぜかふりかけより、塩派なんですよね。笑
質素倹約でよろしい。

私は塩の入ったタッパーをテーブルに持っていき、

「少しだけかけてね。」

と自分で塩を振るように言って渡しました。

そして、その後

「あっ!」

という声に振り返ると

そのタッパーごとすべてひっくり返って床の上・・・。
もちろん塩まみれ・・。・

ひゃー!大惨事~。

ここであなたなら何て声をかけますか?

「何してるの!!」
「なんで落としたの!???」
「自分で拭いてよね!!」

忙しい食事時、
ただでさえあれやこれやで動き回っているときに
こどもが食べ物をぶちまけたら、
イラっとして頭ごなしに

思わず↑のような言葉を発しまくっていたのは
はい、以前のワタシです。

でも子供の失敗ややらかしは
実は何か理由があることが多いのです。

だから、イラっとするのを一旦我慢して、

「何をしたかったの?」

と聞いてみました。

すると、

「フタをちゃんと締めて戻しに行こうと思ったら
手が滑っちゃったの・・」

と。

そう、息子は本当はちゃんとしたかったんです。
でも失敗しちゃった。

だから、

「そうか、戻したかったんだね。ありがとう。
今度から気をつけようね」

という声かけで一緒に拭いて終了。

こどものやらかしたことでも
一旦落ち着いて何をしたかったのかを聞いてみると
イライラした気持ちも落ち着くし、

何よりこどもが失敗してもお母さんが理解してくれる
という安心感につながり、
こども自身もそこからまた学びます。

だからぜひこどもの失敗には頭ごなしに否定せずに
グッとこらえて話を聞いてみてくださいね。

私もおおざっぱにタッパーごと渡さずに
小瓶の塩を渡すことにします。←これが元凶。

ABOUT ME
なかしまたかこ
福島県在住3人の子育て中40代肝っ玉母ちゃん。 子育て中のあれやりたい、これやりたいは最高のエネルギー! 現在アメリカ・ヨーロッパ輸入ビジネスを教えるスクールの講師を務めるほか、 子育てのコーチングや心理学を学んで、ママの一番の悩みでもある子育てを楽にする方法やママの自分らしい生き方をサポートし、 世の中を「カッコいいママでいっぱいにしたい!」という想いで活動中! ▼趣味はスノーボード、マラソン