ママだって起業したい

子どもの通院があっても安心な仕事

こんにちは!
なかしまたかこです。

今日は朝から下の子を連れて、病院へ行ってきました。

先日次女がヨーグルトを食べたら顔が真っ赤に腫れあがったんです・・。
保育所から呼び出しがあって、そのまま皮膚科へ。

塗り薬と飲み薬をもらって、すぐに飲ませたら徐々に腫れもひいてきました。

そんなこともあって、アレルギー検査のための通院です。

月曜だったので、病院もとても混んでいました。

働きながらこどもを保育所に預けていると一番大変なのは子供が病気をした時ですよね。

軽い風邪くらいならいいですが、水ぼうそうなんかの出席停止になる病気や入院となるくらい大きな病気だと

仕事にも行けなくなるし、どれくらいで復帰できるかもわからない。
何度も通院することになったら、パパと交代しないといけなくなることも。

せっかく育児休業があけていよいよこれからという時にそうなると、職場での立場も不安になりますよね。。

小さいうちは保育所でもしょっちゅう病気をもらってくるので、仕方ないところはありますが、
そういう時でも在宅で仕事ができるのはやっぱり魅力です。

病院で看病しているママたちに
安心してお子さんの看病もでき、自由な時間に仕事ができる方法もあるよ!
って教えてあげたい気持ちでいっぱいです。

★私が月収100万円を達成できた秘密!「平凡な生活をリッチに変える7つの魔法」テキストブックをプレゼント中!
ABOUT ME
なかしまたかこ
1978年 長崎市生まれ 福島県在住 現在6歳、3歳、0歳の3人のこどもを育てる肝っ玉母ちゃん。 若い時から好奇心の赴くままいろんなことに挑戦し、良いか悪いか資格マニアに。 25歳の時に長崎で小さな保育園を作り、経営。 同時に長崎市民FMで「ワールドカフェテリア」「子育て本舗」というラジオ番組の企画構成、パーソナリティを務める。 保育園を運営しながら子どもたちに自然の中で遊ばせることの大切さを痛感し、まずは自分が大自然の中で思いっきり遊んで学びたいとカナダ ウィスラーへ留学。スノーボードやアウトドアスポーツに明け暮れる。 帰国後、結婚。 結婚後、福島県へ移住。 出産や育児をしながら町役場で臨時職員をしたり、保育士のパートをやりながら英語の先生など自分で何足のわらじを履いているのかわからないまま、結局疲れ果てる。 妻、母親をやりながらもしっかり稼げる仕事をさがして本格的にネットビジネスの世界へ。 2016年6月にアマゾン輸入ビジネス開始。 2017年11月に小玉歩さんのネットビジネスコミュニティ「FMC」に出会い、同時に無在庫での輸入ビジネスにも挑戦し一気に開花。 2018年4月、無在庫輸入ビジネス開始5か月目で月収50万円達成。 同年5月、ママでもできるネットビジネスを広めたいと情報発信を始める。 同年12月、同じく輸入ビジネスで売上額480万以上、月収100万円を達成。 現在アメリカ・ヨーロッパ輸入ビジネスを教えるスクールの講師も務める。 女性やママさんのネットビジネスの相談にものっています。 ▼趣味はスノーボード、マラソン