ママの生き方

旦那さんが反対するにはワケがある

こんにちは!
なかしまたかこです。

昨日のメルマガで登山をした話を書きました。

一緒に登ったのはネイルサロンを経営しているママ友だったのですが、
帰りに二人で話をしていて、彼女も自分のネイル技術を向上し、最新のネイル情報をインプットするために東京や仙台など都会に出て学ばないといけないのに

外に出て学ぶ時に【申し訳なさ】を感じる、というのです。

何に対しての申し訳なさかというと

こどもを置いていくことや
旦那さんに子どもたちのお世話をお願いすること

に対してです。

ものすごーくよくわかります。
私もセミナーを受けるときに全く同じ感情になり、一人になれたとしても置いてきた家族のことがどうしても気になってしまいます。

これは自分の中に幻の「理想の母親像」みたいなものがあって、母親は小さい子供を置いて働きにいってはいけないんじゃないのか、そこまでする必要があるのかと思ってしまうんですね。

わたしはこれはこれで素晴らしいと思います。
母親が子供のことを思うのは本能であって、ないのは逆におかしいですから。

むしろたまに旦那さんに育児の大変さもわかってもらうべき!(笑)

とはいえ彼女の旦那さんは彼女が仕事復帰した時も旦那さんの方が育休を取って積極的に育児をしていたくらい協力的です。

そんな風に妻が何かを学ぶことや仕事をすることにしっかり理解を示してくれていたとしても【申し訳なさ】を感じてしまうくらいなのに、妻が働くことや外に出ていくことに対して、あなたの旦那様があまり協力的でない人だと出て行っていいのか本当に悩んでしまいますよね。

そういう時、どうしたらいいのか。

やはり一度自分のやりたいこと、学びたいこと、なりたい自分についてしっかりと話し合う機会を作ること。

勇気がいると思いますが、それしかないと思います。

ただし、中途半端に「やりたいんだけど~・・」くらいだと100%反対されます。

なんで反対されるんだろう・・
と思うかもしれませんが、反対されるのは心配だからです。

あなたが失敗する姿を見たくないのです。
そんな自信なく中途半端な姿を見せればあなたの旦那様はそれでは無理だと分かっているのです。

真剣に本気で「これがやりたい!」と言えれば普通は反対できません。

うちの夫とも一度真剣にネットビジネスについて話し合ったことがあります。

結果、とても協力してくれます。
ありがたいことです。

でも、今週末初めて私は泊まりで出張。
今回はこどもたちを連れていけません。

果たして3人のこどもを夫一人で丸2日間見れるのか

・・と、彼の負担を考えて出た結論。

岩手の実家に子連れで帰ってもらうことにしたのでした!

\★子育てしながら月収100万円稼げた秘密を暴露します!★/

ABOUT ME
なかしまたかこ
福島県在住3人の子育て中40代肝っ玉母ちゃん。 子育て中のあれやりたい、これやりたいは最高のエネルギー! 現在アメリカ・ヨーロッパ輸入ビジネスを教えるスクールの講師を務めるほか、アロマや 子育てのコーチングや心理学を学んで、ママの一番の悩みでもある子育てを楽にする方法やママの自分らしい生き方をサポートし、 世の中を「カッコいいママでいっぱいにしたい!」という想いで活動中! ▼趣味はスノーボード、マラソン