ママだって起業したい

育児休業明けはテンションが下がる・・

こんにちは!
なかしまたかこです。

昨日40℃超えしたところがあったそうですね・・。

40℃ってちょっと前までは中東とか砂漠地帯のイメージだったのに、
日本がそんな気温になるなんて。

日本だけでなく、北極までも30℃超えたらしいし、
本当に異常ですね

夏休み中のこどもたちは町の「こども館」という施設に毎日せっせとお弁当持って通っています。

幼稚園では毎日給食があるのに、
夏休み期間中はお弁当を作らないといけないのが正直苦痛・・(笑)

でも、外で働いている人に比べたら時間的余裕があるので贅沢は言えませんね。

仕事をしているママにとっては朝の時間に追われるっていうのが、
一番大変なことのひとつではないでしょうか。

昨日、こども館からバスで帰ってくる子どもたちの帰りを近所のママさんと
一緒にバス停で待っていました。

そのママさんが、
「今月30日から仕事復帰なんです。。いやだー!」

と嘆いていました。

2人目がちょうど1歳になるタイミングで育児休業が明けて職場に復帰するそう。

そして、何よりも生活リズムがガラリと変わり、朝、時間に追われるのが一番不安・・
と言っていました。

そうなんですよね。。

なるべく子どもたちには
「急いで!早く!」という言葉は使いたくない。
「待ってあげる」ことが大事なのは百も承知です。

でも、実際それを言わなければ

我が子はパジャマを着替えることもなく、
朝ご飯を食べることもなく、

母ちゃん、完全に遅刻!!!

ってなわけです。

結局、「急げ急げ!早く早く!」になってしまうんですよね。。

私も外で働いていた時にはまさにその状況だったので、
そのママさんの不安が痛いほどよく分かります。

それに比べると

今の私の状況は大変は大変であるものの、
【時間的に会社に追われるというストレス】
がないだけでもとても恵まれてるなぁ、と改めて感じたのでした。

お弁当作ることくらいなんてことない!!!

と自分に言い聞かせることにします。

★私が月収100万円を達成できた秘密!「平凡な生活をリッチに変える7つの魔法」テキストブックをプレゼント中!
ABOUT ME
なかしまたかこ
1978年 長崎市生まれ 福島県在住 現在6歳、3歳、0歳の3人のこどもを育てる肝っ玉母ちゃん。 若い時から好奇心の赴くままいろんなことに挑戦し、良いか悪いか資格マニアに。 25歳の時に長崎で小さな保育園を作り、経営。 同時に長崎市民FMで「ワールドカフェテリア」「子育て本舗」というラジオ番組の企画構成、パーソナリティを務める。 保育園を運営しながら子どもたちに自然の中で遊ばせることの大切さを痛感し、まずは自分が大自然の中で思いっきり遊んで学びたいとカナダ ウィスラーへ留学。スノーボードやアウトドアスポーツに明け暮れる。 帰国後、結婚。 結婚後、福島県へ移住。 出産や育児をしながら町役場で臨時職員をしたり、保育士のパートをやりながら英語の先生など自分で何足のわらじを履いているのかわからないまま、結局疲れ果てる。 妻、母親をやりながらもしっかり稼げる仕事をさがして本格的にネットビジネスの世界へ。 2016年6月にアマゾン輸入ビジネス開始。 2017年11月に小玉歩さんのネットビジネスコミュニティ「FMC」に出会い、同時に無在庫での輸入ビジネスにも挑戦し一気に開花。 2018年4月、無在庫輸入ビジネス開始5か月目で月収50万円達成。 同年5月、ママでもできるネットビジネスを広めたいと情報発信を始める。 同年12月、同じく輸入ビジネスで売上額480万以上、月収100万円を達成。 現在アメリカ・ヨーロッパ輸入ビジネスを教えるスクールの講師も務める。 女性やママさんのネットビジネスの相談にものっています。 ▼趣味はスノーボード、マラソン